よくあるご質問
FAQ

株式会社キャムキャスト7 に寄せられるご質問(ライブ中継サービス・映像伝送システムほか)

ライブ中継サービスや映像伝送システムなどについて、当社に寄せられるご質問をまとめました。
ご一読いただき、ご不明な点やより詳しく知りたいことがございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Teardek Ranger
使用するには、総務省管轄の総合通信局への申請が必須ですか?
ライセンスバンド(4.9GHz帯)を使用される場合は、必ず申請してください。
申請に必要となる製品情報はご購入いただいた商品に書面にて同梱しておりますので、
申請方法はお近くの総合通信局へお問い合わせください。
ライセンスバンド以外を選択して使用していいですか?
日本国内で使用できる周波数帯は決まっていますので、
それ以外を許可なく使用してしまいますと法令違反になる恐れがございます。
ライセンスバンドだからBOLTより伝送はうまくいきますか?
ライセンスバンドの利点は、簡単には使用できない周波数を使用できる点にありますが、
電波の性質としては他と同じであり、設定したチャンネルに干渉波がかぶっていれば同じ結果にはなります。
どのチャンネルと周波数で動作しますか?
屋内利用(Japan indoor):5.190 ~ 5.230GHz 及び5.270 ~ 5.670 GHz
※40MHzモードの場合 計9ch
※20Mhzモードの場合 計19ch
屋外利用(Japan outdoor): 5.510 ~ 5.670 GHz
※40MHzモードの場合 計5ch
※20Mhzモードの場合 計11ch
ライセンス取得要周波数(*2):※40MHzモードの場合 4.930 GHz,4.970 GHz うち1ch固定
※20MHzモードの場合(*1) 4.920 GHz,4.940 GHz,4.960 GHz,4.980 GHz うち1ch固定

*1 20MHzモードの場合、40MHzモードでの伝送に比べ映像品質は劣化します。特に4K信号の場合はそれが顕著です。1080psf23.98 / 24 / 25、1080i50、720pおよびSD解像度は20MHzモードでサポートされていません。
*2 本製品で4.9GHzの周波数をご使用になる際は、総合通信局(総務省)への事前登録を必ず行ってください。
受信機には必ずパネルアンテナを使用する必要がありますか?
・必ず使用することはございません。Ranger受信機のアンテナは、[HアンテナとVアンテナ]または[パネルアンテナ]のいずれかの構成で利用しますので、どちらかを選択してください。
・伝送距離が長く安定した接続が必要で、かつ指向性がある場合は、パネルアンテナを使用します。
・近距離で全方位をカバーする必要があるような場合は、HアンテナとVアンテナを使用します。
受信機のアンテナ5本すべてを、Vアンテナ(スティック型のアンテナ)で運用できますか?
できません。Rangerの送信機がVアンテナ1本とHアンテナ1本を使用しているので、受信機にもVおよびH偏向のアンテナが必要になります。
HアンテナとVアンテナのセット、またはパネルアンテナを使用してください。
ライセンスバンドだからBOLTより伝送はうまくいきますか?
どちらの製品も、ゼロ遅延テクノロジーとしては同じ基幹技術を採用していますが、Rangerには、特にライブコンテンツ制作時に有効な機能が強化されています。
・使用可能周波数帯域を拡張
・ライセンスバンドオペレーション
・高画質と長距離伝送が両立できる、H+Vアンテナを採用
・送信機にNタイプコネクタを採用
・より詳細な手動周波数設定が可能
Teardek BOLT
製品が到着しました。どうやって使用しますか?
BOLTへの給電は2ピンのLEMOコネクタから入力します。
同梱のAC/DCアダプタを利用してのAC電源からか、D-tapの変換ケーブルを利用してバッテリから電源をBOLT本体に供給してください。電源供給が確保できたら、本体スイッチにて電源を入れ、各インターフェースから映像データを入力してください。運用場所の電波環境が良ければ、トランスミッタとレシーバがリンクを張り、受信機から問題なく映像が出力されます。
ペアリングは必要ですか?
セットモデルをご購入いただければ、ペアリングを施した状態で出荷いたしますので、基本的にお客様のお手元で実施していただく必要はございません。
但し、トランスミッタ/レシーバ単体を追加ご購入された場合や、単体でお修理に出された後に返却された場合などは、お手元にてペアリングを実施いただく必要があります。
BOLT4K/4KLTシリーズのペアリングの手順についてはこちら
レガシーBOLTシリーズのペアリングの手順についてはこちら
ペアリングとは何ですか。
BOLTにリンクを張るべきトランスミッタとレシーバを記憶させる作業です。
ペアリングを実施していないトランスミッタとレシーバでは映像伝送はできません。
「Link(リンク)」とは何ですか?
ペアリングされたBOLTトランスミッタとレシーバの組み合わせが、互いに同じ周波数(チャンネル)をつかみ、レシーバが問題なくデータ受信ができる状態を言います。
「NO LINK」と「NO VIDEO」の違いは何ですか。
「NO LINK」はトランスミッタとレシーバがリンクを張っておらず、レシーバが映像データを全く受信できない状態を指します。
「NO VIDEO」はトランスミッタとレシーバがリンクを張っていて、レシーバが映像データを受信できる状態ですが、
伝送データに映像信号が乗っていない(トランスミッタに映像が入力されていないなど。)または、正しく映像が到達していない状態を指します。
Japan IndoorとJapan Outdoorの違いは何ですか?
Japan Indoorは屋内利用時での設定、Japan Outdoorは屋外利用時での設定を意味します。
BOLTで使用できる5GHz帯の周波数帯は、5.2GHz、5.3GHz、5.6GHz帯に分けられます。
そのうち、屋外での使用を認められている周波数帯は5.6GHz帯に限定されていますので、適切な設定変更が求められます。
設定変更は、各製品のユーティリティソフトウエアを利用して実行してください。
電波法令についての詳細は、お近くの総合通信局へお問い合わせください。
アンテナを変えて利用してもいいですか?
弊社が販売する製品はすべて、電波法令に基づく「技術基準適合証明(以下、技適認証)」を取得しております。
この技適認証は、申請時に無線モジュールだけでなくアンテナの種別や規格も同時に合わせて申請しておりますので、
Teradek社が販売しているアンテナ以外を取り付けた場合は、申請していないアンテナを利用しているとして、法令違反に当たる可能性がございます。
そのため、Teradekが販売している以外のアンテナに変えて運用することはお控えください。
トランスミッタが信号を認識しません。故障ですか?
入力信号が正しくトランスミッタに認識されていると本体のカメラマークLEDが点灯しますが、消灯したままの場合は、トランスミッタのSDI-IN不良のほかにも、入力信号に要因がある場合がございます。ケーブルを変更いただいたり、直接モニター出力した場合問題ないかご確認いただき、入力信号側に問題が見当たらない場合は、一度トランスミッタのFWアップデート、または上書きを試みてください。それでも改善しない場合は、本体ハードウエアに何かしらの要因がある可能性がありますので、ご購入された販売店様へ修理についてお問い合わせください。
レシーバから、映像が出力しません。故障ですか?
レシーバの液晶パネル表示が「NO LINK」/「NO VIDEO」の場合、映像は出力されませんので、正常動作です。
レシーバの液晶パネル表示が「Receiving Video」になっているにもかかわらず、映像が出力されない場合は、本体のSDI-OUTの不良だけでなく、使用しているケーブルの断線/モニターの対応解像度の不適合などがが考えられます。ケーブルを変更いただいたり、モニターの対応解像度をご確認いただいて、それでも解決しない場合は一度レシーバのFWアップデート、または上書きをお試しください。それでも改善しない場合は、本体ハードウエアに何かしらの要因がある可能性がありますので、ご購入された販売店様へ修理についてお問い合わせください。
うまく伝送ができません。どうすればいいですか?(ノイズが乗る、途切れるなど)
まずは、運用場所の電波環境をご確認いただくことをお勧めいたします。
同一環境内で最大何セットまで同時使用できますか?
電波干渉やチャンネル干渉がないような電波環境が恵まれている環境の場合、40MHzモードで屋内で運用(Japan Indoor)する場合は4~5セットまで、屋外での運用(Japan Out door)する場合は2~3セットまでを目安にしてください。
あくまでも電波環境が恵まれていることが条件ですので、同じ5GHz帯を利用する他製品やWiFiアクセスポイントが同環境に複数共存していたり、電波出力の強い製品が近くにあるなど、電波環境がひっ迫していればBOLTは1セットであっても伝送できません。
昔のBOLTを持っています。互換性はありますか?
互換性についてはこちらをご参照ください。
デモ機を貸してもらえませんか?
弊社はCS製品の国内総販売代理店ですが、お客様へ販売することを含む直接のお取引ができません。
お手数ではございますが、デモ機のご依頼、価格や在庫/納期照会は正規販売協力特約店へお問い合わせください。
バッテリーで何時間駆動できますか?
バッテリーの電力容量を各製品の消費電力で割り算いただくことで、理屈上の駆動時間を算出できます。
但し、バッテリーの残量が少なくなってくると製品動作は不安定になりますし、また、リチウムイオンバッテリーは経年劣化等で購入時の容量を持ちあわせていない場合がありますので、諸々を考慮して、算出した駆動時間の6~7割程度の時間を実質の駆動時間の目安としてください。
ファームウエアアップデートはどうしたらできますか?
BOLTは、専用ユーティリティソフトウエアである「Bolt Manager」を介して、ファームウエアアップデートを行います。
まずはお手元のPCにソフトウエアをインストールしていただき、付属のUSBケーブルにてBOLTとPCを接続ください。
伝送しているビデオをスマートフォン等で、受信して見ることはできますか。
恐れ入りますが、スマートフォンでの受信は対応しておりませんので見ることはできません。
送信機と受信機の最大転送距離は何ですか?
製品モデルによって異なります。詳しくはスペック一覧をご確認ください。
HDモデルと4Kモデルの差は何ですか?
こちらのモデル間比較表をご確認ください。
使っていると本体がすごく熱くなるんですが、大丈夫ですか。
アルミを使用している製品では、放熱することにより本体が熱くなります。
アンシラリーデータを送ることは出来ますか。
モデルによって異なります。こちらをご参照ください。
https://support.teradek.com/hc/en-us/articles/360022702353-Bolt-SDI-and-HDMI-Ancillary-Data-Capabilities
防水機能はありますか?
防水/防滴機能はございません。水に濡れてしまうと故障する原因になりますのでご注意ください。
違う部屋、違うフロアに伝送できますか?
BOLTで伝送するためには、トランスミッタとレシーバ間の見通しがとれていることが重要です。
そのため、壁を挟んだ異なる部屋同士や違うフロアへの伝送はうまくいかない場合があります。
遮蔽物の素材によっては電波が貫通したり、電波が壁を反射して伝い、レシーバに到達する場合もありますので、一概に無理ということできません。
雨の日は伝送できますか?
降っている雨の量にもよりますが水は電波を通さず吸収してしまうため、雨が遮蔽物になる場合もあります。同じ原理で、湿度の高い場所より乾燥している場所のほうが伝送はうまくいきます。
ペアリングをしたのにすぐ「No Link」と表示されます。ペアリングが外れたのでしょうか?
正常なBOLTが通常使用でペアリングを外すことはまずありません。「No Link」と表示されるのは、トランスミッタとレシーバがリンクできていないということで、ペアリングが外れたことを表したものではありません。リンクができないほとんどの要因は、電波環境にありますのでスペクトラムアナライザー等で電波状況をご確認いただくことをおすすめいたします。
電源投入してからいつもなら”すぐに”映像を受信するのに、受信するまでに時間がかかることがある。
DFS機能の正常動作です。「Japan indoor」「40MHz」モードの場合、BOLTは計9chから空いているチャンネルを見つけてリンクしますが、このうちのW52(Non-DFS帯)に空きがないと判断すると、W53,W56(DFS帯)にチャンネルの空きがないかサーチを開始します。DFS帯の周波数は、電源投入後約1分間はチャンネルサーチを義務化されているため、電波を発砲しない仕様になっています。そのため、リンクするまでに時間を要します。
Teardek ACE500
電源スイッチはどこにありますか。
ACE500は電源on/offのスイッチやボタンはございません。
問題なく電源が供給されていたら起動します。
同梱のAC/DCアダプタを利用してのAC電源からか、D-tapの変換ケーブルを利用してバッテリから電源ACE500に供給してください。
トランスミッタが映像を認識しません。
一部のモニターからの出力信号を認識しないという事象が申告されております。できる限り、ソースデバイス(カメラなど)の配下に触接接続することを推奨します。
Teradek CUBE600/700
動作が不安定です。リカバリー方法を教えてください。
こちらのリカバリー手順を実行してください。
▼CUBE600シリーズリカバリ-手順
準備中
▼CUBE700シリーズリカバリ-手順
https://www.camcast7.co.jp/products/download/cube700/recovery.php

それでも改善しない場合は、本体ハードウエアに何かしらの要因がある可能性がありますので、ご購入された販売店様へ修理についてお問い合わせください。
Teradek CUBE(レガシー)
起動時に「Firmware Failure Use recovery mode to restore device」と表記され使用できません。
こちらのリカバリー手順を実行してください。それでも改善しない場合は、本体ハードウエアに何かしらの要因がある可能性がありますので、ご購入された販売店様へ修理についてお問い合わせください。
https://www.camcast7.co.jp/products/download/cube/recovery.php
Teradek VidiUGo
動作が不安定です。リカバリー方法を教えてください。
こちらのリカバリー手順を実行してください。それでも改善しない場合は、本体ハードウエアに何かしらの要因がある可能性がありますので、ご購入された販売店様へ修理についてお問い合わせください。
SmallHD ワイヤレス機能付きモニター
ペアリングは完了できません。なぜですか?
(RXの場合は他のペアリングしたTXとアンペアする必要があります)
(TXとペアリングできるRX数の制限を超えないように)
SmallHD モニター全般
モニターからでるビデオ音声が変なんですけど、不良品ですか。
OS4以降のバージョンでは音声が乱れる/出力されないという事象が報告されております。メーカーにて調査、改善が進められております。弊社でも、メーカーの対応を注視してまいります。
お見積りいただけますか?
弊社はCS製品の国内総販売代理店ですが、お客様へ販売することを含む直接のお取引ができません。
お手数ではございますが、デモ機のご依頼、価格や在庫/納期照会は正規販売協力特約店へお問い合わせください。
製品保証はありますか?
製品ご購入から1年間は製品保証がございます。

●1年間保証内修理
正しいご使用で発生した製品の不具合・故障などは、無償で修理対応いたします。
販売協力特約店などの、製品購入窓口へご相談ください。

●保証期間外修理
ご購入後1年を超えた製品につきましては、製品の種類、不具合・故障状況に応じて対応内容が変わります。
修理が可能な場合はお見積もりいたしますので、まずは販売協力特約店などの製品購入窓口へご相談ください。

メーカーが販売を終了した製品で部品の手配が困難なものについては、修理できない場合があります。
あらかじめご了承のうえお預け下さい。
興味があるんですが、自分が使いたい環境でちゃんと使えるかどうかが分かりません。
製品使用に際しての環境等がご不安な場合は、ご購入前にデモ機としてご検討中の製品をお貸出しすることができます。正規販売協力特約店へお問い合わせください。
*期間は輸送にかかる時間を含めて1週間です。
*すでに貸出予約が入っている場合、デモ機取扱がない場合等、ご希望に添えないこともあります。ご了承ください。
届いた箱に(何か)が入っていませんでした。
すぐにご購入された販売店へご連絡ください。確認後送付させていただきます。
電源スイッチが固いですが、大丈夫ですか。
入荷時の動作検査にて通過しておりますので、動作自体は問題がございませんが、
あまりにも電源が固いと感じられる場合は、ご購入いただいた販売店へお問い合わせください。
国内の修理センターにて調整いたします。
故障かもしれません。どうしたらいいですか。
ご購入後の製品サポートやお修理のご依頼に関しましても直接お受けできないため、ご購入された販売店へご連絡ください。
ご購入先が不明な場合は、お調べいたしますので下記の「その他のお問い合わせ」フォームより対象機器のシリアルナンバーを記載の上、お問い合わせください。
全般
申し込み方法を教えてください。
CamCast Mobileお申込みフォームよりお申込みください。
▼1年契約/2年契約コース
https://www.camcast7.co.jp/ccm/contact2/
▼短期レンタルコース
http://test.camcast7.co.jp/ccm/short/
個人使用を希望しています。契約可能ですか。
申し訳ございません。本サービスは法人契約のみ承っております。
提供エリアについて教えてください。
NTTドコモのXiRサービスエリア(LTE)に準じます。
MVNO様のサービスをご利用される方へ」よりご参照ください。
グローバルIPアドレスは付与されますか。
CamCast Mobileでは、動的のグローバルIPが払い出されます。
音声通話やSMSは使用できますか。
音声機能及びSMSなどのサービスはご利用いただけません。
海外で使用したいのですが国際ローミングは利用できますか。
申し訳ございません。ご利用いただけません。
支払方法について教えてください。
ご利用開始日を基準として「月末締め翌月末支払い」の請求書を発行いたします。銀行振込にてご対応ください。
1年契約/2年契約コース
急いでいるため利用開始日を早めてもらうことはできますか。
お申し込み時にその旨をお知らせください。できる限り対応いたします。
利用期間の満了時はどのような扱いになりますか。
まずはご契約満了の1か月前を目処に、ご継続または契約終了の確認をさせて頂きます。
ご継続を希望される場合は、更新申請書をご用意いたしますのでご返送ください。
継続の意思表示がない場合は利用期間満了日をもって契約は終了いたします。
短期レンタルコース
いつから利用できますか
お申し込みいただいてから最短で3営業日以降のご指定日にお届けいたします。
*お急ぎの場合はお電話ください。基本的には、ご指定日の午前中に着荷指定にて発送いたします。
「レンタル日数」はどのようにカウントすれば良いですか?
ご希望の場所でお受け取りになる日を1日目、返却にあたって
弊社に向けて発送される日を最終日としてカウント(入力)してください。
発送方法は何ですか。
ヤマト運輸にて発送いたします。
宿泊しているホテルに送ってもらえますか?
承ります。その際は、送付先は「ホテルの住所 ホテル名 気付」とご指定ください。
宛名は宿泊者名をご指定ください。
また、ホテルによってはご指定のお時間にお届けできないことがございますので、
事前にホテル側へ受け取ることが可能かご確認ください。
返却指定日前でも返却はできますか?
ご返却は期日までであればいつでもご返却いただいて構いません。
但し、期間の短縮による返金はございません。
利用期間を延長できますか。
ご返却日までに必ずご相談ください。
無断でご延長された場合は、所定の延滞料金にてご請求申し上げますので、ご注意ください。
ワイヤレス伝送機器レンタル
どういった製品ですか?
5GHz帯の周波数を利用して、トランスミッタからレシーバへ映像と音をを伝送する装置です。
より詳しい説明をお求めの場合は、よくあるご質問「製品について」の中の「Teradek BOLT」を参照ください。
レンタル前にお試しで無償利用できますか?
レンタル利用を検討するための無償貸出しは行っておりません。
使い方がわかりません。
トランスミッタとレシーバを見通しの取れた場所に設置し、電源を投入してください。基本的な設定は済まされた状態でお貸出しいたしますので、電波環境が整っていればトランスミッタに入力した信号をレシーバが受けて出力します。目には見えな電波を使用するので、電波干渉やチャンネル干渉を受けて期待通りの伝送ができない場合があることはあらかじめご了承の上ご利用ください。
キャンセル費用は掛かりますか?
原則として、次の相当額をキャンセル料として申し受けます。
当日キャンセル ・・・・・・・・・・ レンタル料金の80%
前日キャンセル ・・・・・・・・・・ レンタル料金の50%
ストリーミングLIVE配信専用機器
どういった製品ですか?
Teradek社が開発したVidiUGoはYouTube Live、Facebook Live、Vimeoなどの配信プラットフォーム向けに設計されたエンコーダデバイスです。
エンコードしてストリーミングする動作をPCから切り離すことでPCにかかる負担を軽減することができます。製品スペックはこちらをご参照ください。
https://www.camcast7.co.jp/products/spec/vidiu-go/
光回線がなくてもうまくいきますか?
可能であれば占有して使用できる光回線をご用意いただくことをお勧めしますが、
ご用意できない場合であってもVidiUGoはLTE回線を複数同時に使う機能(ボンディング機能)がありますので、
問題ございません。但し、LTE回線は場所によっては通信速度が出ない場合があり、いくら複数同時に利用しても合計の通信速度が設定ビットレートを下回る場合がございます。その場合は、ボンディング機能を使用しても、ストリーミングがうまくいかない可能性がございます。
ストリーミングはせずに、インターネットをするだけのボンディングルーターとして使用できますか?
ボンディングルーターとしては使用できません。