Ranger

ライブコンテンツ制作に最適!
ゼロ遅延 4Kワイヤレスビデオシステム

伝送距離 最長1500m

伝送距離 最長1500m

10-Bit 4:2:2 サポート

10-Bit 4:2:2 サポート

2160p60 解像度

2160p60 解像度

サブフレーム遅延 (1ms未満)<

サブフレーム遅延 (1ms未満)

Next-Level Wireless Performance

Rangerは、世界初の ”サブフレーム遅延” ワイヤレスビデオシステムです。 非圧縮4K HDRビデオを、遅延量わずか1ms未満で、最長1500mまで伝送します。4.9 GHz~6.0 GHzまでの広い周波数をカバーし、電波環境の厳しい条件下でクラス最高水準の能力を発揮するRangerは、高画質なビデオを途切れずに伝送するという、誰もが求める究極のパフォーマンスをご提供します。

強力な暗号化技術でビデオを守る

AES-256採用


マルチキャスト対応

接続受信機は最大6台

Next-Level Wireless Performance

非圧縮 4K HDRビデオ

特許取得のJSCCテクノロジー


柔軟で実用性の高い周波数帯をサポート

4.9 GHzから6.0 GHzまで(※)

Power Through Interference

Teradekが特許を保有する「ジョイントソースチャネルコーディング(JSCC)」。非圧縮の10ビット、4:2:2ビデオ を、遅延わずか1ms未満で伝送する、MIMOおよびOFDM技術を利用したオリジナルテクノロジーです。
Rangerは、このJSCCによる独自のRF設計を搭載。H.264 / HEVCエンコード方式よりもはるかに効率的に40 MHz / 20 MHzチャンネルを利用できるため、厳しい電波環境下でも優れたパフォーマンスを提供できるのです。

Power Through Interference

Easy Smartphone Configuration

機器設定時の、煩わしいケーブル接続から解放され ましょう。iOS/Android対応のモバイルアプリケーションなら、送受信機のペアリングはボタンタッチひとつ。チャンネル干渉状態のモニタリングや周波数の設定、使用カメラのコントロールなどが、手元から簡単に操作できます。

App Store
Google Play
Unbreakable Encryption

Unbreakable Encryption

AES-256およびRSA 1024キーペアリングの2つのテクノロジーを組み合わせて、業界最高水準のプロテクションを提供するRanger。伝送データが第三者に解読されたり、許可されていない受信機が接続されてしまうようなことはありません。

Frequently Asked Questions

どのチャンネルと周波数で動作しますか?(※)

【国内認可予定周波数】ー技適認証取得済み-

屋内利用(Japan indoor): 5.190 ~ 5.230 GHz 及び 5.270 ~ 5.670 GHz 計9ch
屋外利用(Japan outdoor): 5.510 ~ 5.670 GHz 計5ch
ライセンス取得要周波数(*2): ※40MHzモードの場合 4.930 GHz,4.970 GHz うち1ch固定
※20MHzモードの場合(*1) 4.920 GHz,4.940 GHz,4.960 GHz,4.980 GHz うち1ch固定

*1 20MHzモードの場合、40MHzモードでの伝送に比べ映像品質は劣化します。特に4K信号の場合はそれが顕著です。
1080psf23.98 / 24 / 25、1080i50、720pおよびSD解像度は20MHzモードでサポートされていません。

*2 本製品で4.9GHzの周波数をご使用になる際は、陸上特殊無線技士3級以上の無線従事者資格保有者による総合通信局(総務省)への事前登録を必ず行ってください。

国内で使用できる周波数につきましては、スペック表をご確認ください。

4.9GHzを使用するには何が必要ですか。

本製品で4.9GHzの周波数を使用するには、陸上特殊無線技士3級以上の無線従事者資格が必要です。
また、使用時にはお近くの総合通信局(総務省)への事前登録を行ってください。
詳しくは、お近くの総合通信局(総務省)へお問い合わせください。

受信機には必ずパネルアンテナを使用する必要がありますか?

Ranger受信機のアンテナは、[HアンテナとVアンテナ]または[パネルアンテナ]のいずれかの構成で利用します。

伝送距離が長く安定した接続が必要で、かつ指向性がある場合は、パネルアンテナを使用します。

近距離で全方位をカバーする必要があるような場合は、HアンテナとVアンテナを使用します。

受信機のアンテナ5本すべてを、Vアンテナ(スティック型のアンテナ)で運用できますか?

できません。Rangerの送信機がVアンテナ1本とHアンテナ1本を使用しているので、受信機にもVおよびH偏向のアンテナが必要になります。
HアンテナとVアンテナのセット、またはパネルアンテナを使用してください。

RangerとBOLTの違いは何ですか?

どちらの製品も、ゼロ遅延テクノロジーとしては同じ基幹技術を採用していますが、Rangerには、特にライブコンテンツ制作時に有効な機能が強化されています。

使用可能周波数帯域を拡張:4.9 GHz~6.0 GHz(※)
ライセンスバンドオペレーション
高画質と長距離伝送が両立できる、H+Vアンテナを採用
送信機にNタイプコネクタを採用
より詳細な手動周波数設定が可能

  • Ranger画像 その1
  • Ranger画像 その2
  • Ranger画像 その3
  • Ranger画像 その4
  • Ranger画像 その5
  • Ranger画像 その6
  • Ranger画像 その7
  • Ranger画像 その8
  • Ranger画像 その9
  • Ranger画像 その10
  • Ranger画像 その11
  • Ranger画像 その12
  • Ranger画像 その13

Ranger HD

[10-2510-V]

・ワイヤレス(1080p60)HDRビデオ
・サブフレーム遅延(1ms未満)
・非圧縮、10ビット、4:2:2 対応
・優れたワイヤレス性能を発揮する指向性アンテナ
・伝送距離は見通し最長450mまで
・対応周波数:
屋内利用(Japan indoor):5.190 ~ 5.230 GHz 及び 5.270 ~ 5.670 GHz 計9ch 屋外利用(Japan outdoor):5.510 ~ 5.670 GHz 計5ch ライセンス取得要周波数
※40MHzモードの場合 4.930 GHz, 4.970 GHz うち1ch固定
※20MHzモードの場合 4.920 GHz, 4.940 GHz, 4.960 GHz, 4.980 GHz うち1ch固定
・チャネル帯域幅:40 MHz / 20 MHz
・RSA 1024プロトコルを採用したAES-256暗号化
・手動および自動周波数選択機能
・受信機6台へのマルチキャストに対応

詳細スペックはこちら
  • Ranger画像 その1
  • Ranger画像 その2
  • Ranger画像 その3
  • Ranger画像 その4
  • Ranger画像 その5
  • Ranger画像 その6
  • Ranger画像 その7
  • Ranger画像 その8
  • Ranger画像 その9
  • Ranger画像 その10
  • Ranger画像 その11
  • Ranger画像 その12
  • Ranger画像 その13
  • Ranger画像 その14
  • Ranger画像 その15

Ranger 4K

[10-2520-V]

・ワイヤレス4K(2160p60)HDRビデオ
・サブフレーム遅延(1ms未満)
・非圧縮、10ビット、4:2:2 対応
・優れたワイヤレス性能を発揮する指向性アンテナ
・伝送距離は見通し最長900mまで可能。
・付属のパネルアンテナを使用すれば見通し1.5kmまで伝送可能。
・対応周波数:
屋内利用(Japan indoor):5.190 ~ 5.230 GHz 及び 5.270 ~ 5.670 GHz 計9ch 屋外利用(Japan outdoor):5.510 ~ 5.670 GHz 計5ch ライセンス取得要周波数
※40MHzモードの場合 4.930 GHz, 4.970 GHz うち1ch固定 ※20MHzモードの場合 4.920 GHz, 4.940 GHz, 4.960 GHz, 4.980 GHz うち1ch固定
・UNII-5対応
・チャネル帯域幅:40 MHz / 20 MHz
・RSA 1024プロトコルを採用したAES-256暗号化
・手動および自動周波数選択機能
・受信機6台へのマルチキャストに対応

詳細スペックはこちら