BOLT 4K モニターモジュール FW 更新
BOLT 4K Monitor Module Update

モジュールのファームウェアを更新する方法

Teradekは、新機能の追加、パフォーマンスの向上、そして脆弱性を修正するファームウェア更新ファイルを定期的にリリースします。

ファームウェアを更新するには、SmallHDモニターメニューを使用する方法と、BoltManagerデスクトップアプリを使用する方法の2つがあります。


互換性があるSmallHDモニター経由で更新する方法

1. SmallHD OS4ファームウェア(バージョン4.6.1以降)とBOLT 4Kファームウェアの最新バージョンをダウンロードして、フォーマット済みSDカードに移転してください。
両ファイルを同じSDカードに保存する必要はありませんが、そうすることでファームウェア更新はよりスムーズに進みます。

2. BOLT 4K モニターモジュールと互換性があるSmallHDモニターにSDカードを入れて、OS4ファームウェアをインストールしてください。
(互換性があるモニター:Cine 7、702 Touch、Indie 7)

3. OS4のファームウェア更新が完了してモニターを再起度した後、
SmallHDモニターのメニューにある「TERADEK BOLT 4K」からファームウェアを更新できるオプションが現れます。

TERADEK BOLT 4K よりファームウェアを更新

4.「Update Firmware」の隣にある「・・・」を押すと、SDカードのフォルダーが現れます。
アイコンを押すと、BOLTファームウェアのファイルが表示されます。
ファイルを選択して次の画面に移動します。

「Update Firmware」の隣にある「・・・」を押す

5. ディスプレイには、現在バージョン番号とインストールできるバージョンの番号が表示されます。
該当箇所のチェックボックスにチェックを入れて、「START」を押すとファームウェア更新が開始されます。

現在バージョン番号とインストールできるバージョンの番号

6. 更新中は、SmallHDモニターからBOLT4K モニターモジュールを絶対に取り外さず、電源も切らないでください。
ファームウエア更新が完了したら、「CLOSE」を押してモニターの設定メニューに戻ります。

BOLT Manager (PC版) 経由で更新する方法

BOLT Manager アプリのダウンロードはこちらです

BOLT Managerでファームウエアを更新する際、モニターモジュールの micro USB ポートを使用するのでモジュールをモニターから外さなければなりません。
また、PCに接続する際は USB-A(オス) - USB-microB(メス)ケーブルが必要になります。

次のステップは、BOLT Manager PC版ユーザーガイドの「ステップ2」から読んでください