Download
Firmware
ファームウェアのダウンロード

Teradek RTFW application ファームウェア

最終更新日 2023/05/04

バージョン 1.3.18

RTFW ファームウェア名

RTFW application version 1.3.18

アップデート内容

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

修正(Mac版のみ)

  • 軸の反転が有効になっている場合、CTRL.3ジョイスティックが機能しなかった問題を修正

更新履歴一覧

Windows版ご利用の場合:デバイスのアップデート後に、applicationの再起動が必要になる場合があります。
RTFW application をダウンロードしてインストールし、起動してください。
ドロップダウンメニューからアップデートを実施したいデバイスを選択してください。画面の指示に従って作業してください。
<注> CTRL.3、MDR.Xについては、最新のRT Managerをご利用ください。

RTFW Firmware application 1.3.18 (リリース日:2023年5月4日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

修正  (Mac版のみ)

  • 軸の反転が有効になっている場合、3ジョイスティックが機能しなかった問題を修正

RTFW Firmware application 1.3.17 (リリース日:2023年4月5日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

改善と変更

  • レンズマップメニューのショートカットをボタンに割り当てられるよう変更
  • レンズマップを選択するとコントローラーメニューが終了してメイン画面に戻るよう変更

修正

  • コントローラージョイスティックが軸反転設定を無視していた問題を修正
  • S接続時にRX Configメニューが表示されなかった問題を修正
  • 制限メニューからのバックアウトが動かなくなる問題を修正
  • アイリスとズームの制限が設定されていなかった問題を修正
  • モニターの前に3の電源を入れると、SmallHDオーバーレイがフリーズすることがあった問題を修正
  • 設定メニューが応答しなくなることがあった問題を修正
  • コントローラーの電源を入れ直した後、オートフォーカスの速度がMEDに戻ってしまった問題を修正
  • オフに設定されていても同じ軸に割り当てられている場合、IN2の設定がIN1に上書きされた問題を修正
  • 1のバッテリー残量がほとんどない場合に、バッテリーのパーセンテージ表示が正しくなかった問題を修正

RTFW Firmware application 1.3.14 (リリース日:2022年6月24日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

新機能

  • CTRL.1/CTRL.3 SmallHD RT

オーバーレイのフォーカス マーカーに追加

修正

  • CTRL.1/CTRL.3

デバイスがしばらくアイドル状態になった時に、ノブがフリーズした問題を修正

多数のレンズリング整列の問題を修正

RTFW Firmware application 1.3.9 (リリース日:2022年2月28日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

改善と変更

  • OMODファームウェアの更新サポートを復元

修正

  • RT Latitudeレシーバについてカメラ設定メニューの順番が正しくなかった問題を修正

RTFW Firmware application 1.3.7 (リリース日:2022年1月26日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

新機能

  • CTRL.1にFocusbugサポートを追加

改善と変更

  • レガシーコントローラーとモーターのファームウェアファイルを復元

修正

  • MK3.1 モーター精度のバグを修正

RTFW Firmware application 1.3.6 (リリース日:2021年12月21日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

新機能

  • CTRL.1にFocusbugサポートを追加

修正

  • MK3.1 モーター精度のバグを修正

RTFW Firmware application 1.3.5 (リリース日:2021年8月4日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

新機能

  • CTRL.1にレンズタギングを追加

修正

  • MK3.1 モーター精度制御を修正

RTFW Firmware application 1.3.4 (リリース日:2021年7月8日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示に従ってください。

新機能

  • CTRL.1にレンズタギングを追加

RTFW Firmware application 1.3.3 (リリース日:2020年11月19日)

インストールする方法

  • Windows版のみ:別々のデバイスを更新するたびに、アプリケーションを再起動する必要があります。
  • ダウンロードしたRTFWアプリケーションをインストールして実行してください。
  • 更新したいデバイスをドロップダウンメニューから選択して、指示を従ってください。

新機能

  • MDR.Xの過電圧検出・防止の追加
  • ターゲットポジションを達成出来ない場合のため、MK3.1モーターの過熱防止の追加

修正

  • MOTR.Xを一部のレンズと共に使う時にハードストップを達成出来なかった問題を修正
  • Latitude MDR.MのRED RCP記録トリガーの問題を修正
  • MDR.XのAlexa Mini記録トリガーの問題(アダプターを接続する時とデバイスをオンにする時)を修正
  • MDR.X及びMDR.MにはLANCトリガーの「ダブルトリガー」問題を修正
  • モーター精度メニューに無効な値が表示される可能性を修正

RTFW Firmware application 1.3.0 (リリース日:2020年6月26日)

変更/改良

  • REC 開始/停止コマンド送信性能の向上

修正

  • Sony製、BlackMagic製のカメラ使用時の、”LANC camera control mode”の問題を修正

RTFW Firmware application 1.2.9 (リリース日:2020年2月18日)

新機能

  • モータートルク設定を追加 (low, medium, high) – 電源供給に制約のある環境で使用する際、モータートルクと電力消費を抑制するのに有効

変更/改良

  • モーター精度/バックラッシュ補正の設定中にaxisコントロールができないよう変更
  • CineTapeオートフォーカスの初期設定をOffに変更

修正

  • Sony製、BlackMagic製のカメラ使用時の、”LANC camera control mode”の問題を修正
  • MK3.1レシーバーとコントローラーで、一部の設定が正常に保存できなかった問題を修正
  • MK3.1レシーバーとコントローラーで、変更した設定内容がリセットされてしまうことがあった問題を修正
  • コントローラで行ったレシーバーの設定変更が正常に保存されないことがあった問題を修正

こちらのソフトウエアは、CTRL.1、MDR.M、MDR.MB、のファームウエアアップデートに対応しています。
アップデートを実行するためには、アプリを立ち上げ、USBケーブルでPCとRT製品を接続後、ドロップダウンから更新するデバイスを選択し、画面の指示に従ってください。
<注> CTRL.3、MDR.Xをアップデートする場合は、必ず最新バージョンのRT Managerをご利用ください。

RTFW Firmware application 1.2.5 (リリース日:2019年12月11日)

修正

  • CTRL.1 のシリアルナンバーがファームウエア更新後にリセットされる可能性があった問題を修正

RTFW Firmware application 1.2.4 (リリース日:2019年12月2日)

新機能

  • [response(反応)/accuracy(精度)]のメニューに、モーターのクラス表示を追加
  • (モーターフリップに加えて)入力方向を反転するオプションを追加

変更/改良

  • CTRL.1の起動時間を大幅に短縮
  • USB/SmallHD/Wiredモードの各設定を、[I/O CONFIG]メニューへ移動
  • フォーカスとアイリススケールが一致するように、アイリスモーター方向の初期値を変更

修正

  • MDR.Xの In-1およびIn-2のアクセサリ検出が動作していなかった問題を修正
  • MK3.1ハンドコントローラーで、手動モーターキャリブレーションが動作できなかった問題を修正
  • MK3.1の入力フリップ設定が保存できなかった問題を修正
  • MK3.1ハンドコントローラーのメニュー項目の一部が正常に表示されていなかった問題を修正
  • MK3.1ハンドコントローラーのメニュー項目の一部が正常に表示されていなかった問題を修正
  • 前バージョンのFWを適用すると、MK3.1レシーバーのカメラリストがハンドコントローラーの情報と一致しなくなるという問題が発生していたのを修正

RTFW Firmware application 1.2.3 (リリース日:2019年11月25日)

新機能

  • [response(反応)/accuracy(精度)]のメニューに、モーターのクラス表示を追加
  • (モーターフリップに加えて)入力方向を反転するオプションを追加

変更/改良

  • CTRL.1の起動時間を大幅に短縮
  • USB/SmallHD/Wiredモードの各設定を、[I/O CONFIG]メニューへ移動
  • フォーカスとアイリススケールが一致するように、アイリスモーター方向の初期値を変更

修正

  • MDR.Xの In-1およびIn-2のアクセサリ検出が動作していなかった問題を修正
  • MK3.1ハンドコントローラーで、手動モーターキャリブレーションが動作できなかった問題を修正
  • MK3.1の入力フリップ設定が保存できなかった問題を修正
  • MK3.1ハンドコントローラーのメニュー項目の一部が正常に表示されていなかった問題を修正
  • MK3.1ハンドコントローラでモーターキャリブレーションを行う際、本来必要な位置までキャリブレーションの動作が到達しないことがあった問題を修正
  • 前バージョンのFWを適用すると、MK3.1レシーバーのカメラリストがハンドコントローラーの情報と一致しなくなるという問題が発生していたのを修正
ファームウェア一覧に戻る

お問い合わせ

ライブ中継⽤映像伝送システムの⼿配は、
中継実績5000件以上のCamCast7に
お任せください。
お電話やメールフォームにて
無料相談・お問い合わせ
を受け付けております。


お電話でのお問い合わせ

(平日/10:30〜17:00)

東京 03-4530-8467 大阪 06-6131-9995

メールフォームからの
お問い合わせ

(土日祝を除き、24時間受付)

無料相談・お問い合わせはこちら
TOP